同僚に絶対に打ち勝つ方法

それはフレームワークを身につけること

最速で出世や成功したい人にオススメ

とにかくがむしゃらにやってきた

でも周りからの評価はそこまで

そんな漠然とした思いを感じた事はありませんか?

こんな人にオススメ

  • 報連相が苦手
  • 興味はあっても行動出来ない
  • 人からの評価ばかり気にする
  • 行動する前に言い訳を探してしまう
  • 考えるだけの人

オカマ主婦
もし該当しているなら見といたほうがいいぜ

解決策はコチラ⬇

DCPAは時代のスピードにマッチする

このPDCAサイクルは従来のビジネスの基本とされてきました

PDCAとは?

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)のPDCA

しかし近年の傾向はPDCAの時代からDCPA時代に突入しているようです

PDCAすると早いスピードで結果が出る模様です

Do(実行)

まずやるとにかくやる

なぜか?

インターネットの普及によって情報社会化が進んでいます=変化のスピードが早すぎる

プランを練っている間に同じようなビジネスプランで勝負をする人がたくさん出てきます

ビジネスは一番最初にやる方が勝率が高いです

Check(評価)

やっている業務の実施が計画に行っているか途中で評価をします

ここで起きている問題点を全て出すことによって次の計画で改善できる方向に持っていけます

Plan(計画)

問題点について、何ができるか?対策方法を考えます

本来は従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成するためリスクヘッジをします

しかし、三番目に計画をすることによって、実際に体験できた問題について対策や予測をすることができるので

「予想された問題」よりも「実際に起きた 、改善できると確実によくなる問題」について対策をねることが出来ます

Action(改善)

改善した後はDCPAサイクルと同じ Do(実行)→ Check(評価)→ Plan(計画)→ Action(改善)です

PDCAだと計画するまでに時間がかかってしまいますが、考えても動かなければ意味がないのでDCPAをお勧めします

結果は本番前に決まっている

「完璧な準備をする」という心構えは負けても後悔しないということに結びつきますが、完璧を目指すあまり行動に一歩遅れを取ってしまいます

仮にDCPAで失敗をしたとしても、必ず原因を探り次に繋げようとするために失敗が成功の元と変化します

今日の名言
計画を立て目標を設定しない限り人並み以上に抜きんでることはできない
オグ・マンディーノ

 

是非コチラも見てください