知っていました?

囁きを聞けば夢は見えないところからやってくるって事

こんな人にオススメ

ジュラシックワールド炎の王国が公開されましたね

今回はそんな話題の監督について書きました

こんな人にオススメこんな

  • スピルバーグのファン
  • どのように成功したのか
  • 仕事とは?夢は?と考える方

スピルバーグの成功術はなにか?

それでは、書き写した本文と解説をまとめましたのでご覧下さい

詳細はこちら⬇

心の声が聞こえるか?

何年も前にこんな質問をされました

あなたの仕事はなんですか?なぜ映画監督をしてるんですか?

とその時は失礼な態度で記者に向かって「生きる糧に夢をみるんだ」と答えました

後になりまさにその通りだと閃きました

人生をかけ生きる為に夢をみてきました

しかしそのキャリアプランがあったわけではありません

ではどうやってこの道を歩むことになったか話したいと思います

すべては偶然起こったことです

私が6歳か7歳の頃、父が“世界最大のショウ”を見に行こうといいました

大きな扉をくぐりぬけて薄汚い部屋に案内されました

部屋はピンクや紫の灯りで照らされていて天井はまるで教会のようでした

まるで何かを崇拝しているような…席に座るとカーテンが開き灯りが消えました

すると突然私は父に騙された!と思いました

サーカスだと思った‟地上最大のショウ”はサーカスの映画だったんです

それが人生はじめての映画でした

1952年公開の「地上最大のショウ」です

がっかりした気分も映画が始まって10分後にはどっかいってました

それから「映画」いうドラッグの犠牲者に仲間入りしてしまいました

(キャリアプランという点では)私には人生の選択肢はありませんでした

夢を描いていても夢が勝手に訪れるわけではありません

夢は突然見えないところからやってくるんです

いつも「これが君のやるべきことだよ!」と高らかに教えてくれるわけではありません

囁いてくることもあるんです

私の子供によく話すのは、直感や本能というものは常に聞こえづらく、囁いてくるだけなんです

あなたも毎日その"囁き"に耳を澄ませなければいけません

もしそれを聴いて胸が高鳴り、そしてそれが人生を捧げたいものなら、それが一生の財産となり多くの人々を幸せにするでしょう

United Gratitude Films引用

このインタビューのポイントは?

ここでのポイント2つ

ポイント1:  夢は勝手に訪れないについて

夢は何もしていないのに突然できるものでも、誰かに与えられるものでもありません

しかし、何かがきっかけで夢が生まれることがあります

それは誰かと出会ったり、話したり、どこかに出かけたことがきっかけになることもあります

何がきっかけとなるかはその人次第です

ポイント2: 人生の選択肢

人生には多くの選択が必要となります

小さな選択や人生を左右するような選択まで様々です

何かがきっかけで生まれた夢を行動に移すのか、行動せず安定を手にするか

きっかけを活かすか、行動するか

決めるのは自分自身です

名言

一日中夢を見ている。
生きる糧として、夢を見ている
スティーブン・スピルバーグ

追伸 スティーヴン・スピルバーグについて

アメリカ合衆国の映画監督、映画プロデューサー。アメリカ映画アカデミー会員。大英帝国勲章 (KBE)受章。

監督作品の全米生涯興行収入は2018年現在で計46億3660万ドル(約4974億円)に達しており、歴代1位

伝説

1975年に公開された『ジョーズ』はそれまでの『ゴッドファーザー』の記録を破り1977年に『スター・ウォーズ』に抜かれるまで世界歴代興行収入1位を記録する大ヒット

1993年には『ジュラシック・パーク』を大ヒットさせ、3度目の世界歴代興行収入1位を記録。1997年に『タイタニック』に破られるまで続いた。

⬇︎カテゴリー別⬇︎

是非コチラも見てください