180714更新

20代から30代に向けての転職は最も重要な選択の一つと言っても過言ではないでしょう

自分が転職したいと思った時に、参考にしていただけれたと思います

今の仕事と比べ何を選ぶか

ただ今の条件よりイイ会社とかではなく、納得いく会社に入社をしましょう

転職時に一番最初の難関・志望動機についてまとめてみたのでご覧ください

志望動機が聞かれる理由

志望動機が志望者の評価を決するといっても過言ではありません

まずはなぜ企業が志望動機を聞くのか、その意図と重要性を知っておく必要があります

志望動機で企業が知りたいポイントは以下の通りです

  1. どうしてこの会社に入りたいのか?
  2. どんなことにどんな思いで取り組みたいのか?
  3. この会社で活躍してくれそうか?
  4. 雇用するメリットはあるか?
  5. 利益につながるか?

企業は、このような意図をもって志望動機を聞いています

そのためこれらの意図に沿った志望動機を戦略的に作成する必要があるのです

逆に言うと、この意図に沿っていない志望動機は評価されないと言っていいでしょう

落ちる志望動機の特徴

製品・サービスが好きというアピール

製品やサービスが好きなことは、もちろん志望動機のひとつにはなるでしょう

しかしただ好きなだけであれば、「それなら消費者でいいのでは?」と思われてしまいます

好き、というのはあくまで大前提

企業はその製品・サービスを提供する側ですから、消費者目線だったあなたがどうして事業に興味を持ったのか?

どういうことがやりたいのか?という点について説明が必要です

学びたい・成長したい

会社で働くことは、学校で勉強することとは違います

自己成長ももちろん重要ですが、それだけでは「受け身な学生だな」という印象を与えてしまうでしょう

企業は、採用することにより会社を成長させてくれるような人を求めているのです

企業について表面的にしか知らない

例えば「貴社は経営理念に共感します」と伝えても、「会社案内やホームページを見てきただけなのだな」と思われてしまいます

非常に薄っぺらい志望動機になってしまいますので、事業内容や仕事内容についても具体的に調べて理解しておく必要があります

受かる志望動機の特徴

学生の入社に対する熱意が強い当たり前ではありますが、人事担当者は会社への志望度が低い人よりも高い人を採用したいものです

リクルートキャリアが行った調査「就職白書2016」の中では、79.0%の企業が「自社・その企業への熱意」を採用基準で重視すると回答しています
学生からそこまで熱意を感じないのであれば、「この学生は、自社ではなく他社で働いた方がいいな」と採用担当者は思うものです

なぜESや履歴書でも書いてある志望動機を面接でも聞かれるのか

あなたの意欲や熱意を直接感じられるかどうか確認するためです
こうしたことから、志望動機で入社の熱意をきちんと伝えることが重要だということをお分かりいただけるでしょう

会社の実情と、学生の今後の展望が一致している

自分自身がどういったことをやりたいのか、というビジョンを持つことは、就活をする上でも大切です

しかしそれだけではなく、「それを実現できるのは貴社である」というポイントを押さえられるかどうかが、受かるかどうかが分かれ道となります

会社の実情とあなたは今後の展望が一致してはじめて、「この学生を採用することは、会社にとっても学生にとっても幸せだ」と思われるのです

【STEP1】志望動機に必要な5つを要素を把握しよう

説得力のある志望動機は作成に必要な要素が大きく分けて5つあります

  1. なぜその業界を志望するのか
  2. なぜその職種を志望するのか
  3. なぜその企業を志望するのか
  4. 志望するに至ったエピソード
  5. 入社後の要望

入社後の展望

1~3の「なぜその業界/職種/企業にあなたが魅力を感じるのか」という点はその業界や企業への理解度や志望度を表す重要な要素と言えます

必ず含めるようにしましょう

その中でも3の理由がしっかりしていないと「他の企業でもいいじゃないか」と思われる可能性が高いので、次のページのシートを利用して、その企業を志望する理由を具体的に伝えられるようにしましょう

4は、その業界・企業を志望するに至ったエピソードのことです

これを含めることにより、あなたがなぜその企業のことをいいと思っているのか、説得力をもって伝えられるようになります

5は、最も重要です。1~4だけでは「貴社のこんなところに魅力を感じた」という内容ですから、強い熱意が伝わりません

「その企業で何を成し遂げたい䛾か?」というビジョンや目標が明確であることによって、熱意が伝わりますし頼もしい学生だなと思われます

こうした意味をもつ5つの要素を含めることによって、深みのある志望動機が作れるわけです。

【STEP2】企業研究を入念に行おう

志望動機を作り上げるには、企業研究は欠かせません

その業界䛾中でも「なぜその会社を志望するのか?」という部分の、特に重要なポイントとなります

志望企業の強みを知るためにも、本や採用サイト、ホームページなどを利用して以下のシートを埋めてみてください

競合他社と比較すことにより、特徴や強みが見えてくるでしょう

志望企業 競合他社
経営理念は?
創業何年?
従業員数は?
事業内容は?
市場規模は?
製品・サービスの特徴・対象は?

オカマ主婦
このように図にしてみるとわかりやすいかも?

 

他にもこのようなところまで目を向けてみると面接の成功率はぐんっと上がります

  • 製品・サービスの提供方法は?
  • 認知度は?
  • これから力を入れていく領域は?
  • どういった研修制度がある?
  • 職場環境はどんな感じ?
  • 成長率や売上は?

【STEP3】求められる人材像をチェックしておこう

企業ホームページや採用ページを見ると、「求める人材像」について明記されているケースがよくあります

こちらを把握しておいて損はありません

実際にそういった人材を求めているわけですから自分がその人材像に合った性格・人柄であることをアピールできる志望動機なら好印象を与えられるでしょう
また同じ企業でも、職種によって求められる性格や能力が違うケースもあります

一般的な適性をみてみましょう⬇︎

営業職

  • 前向きかつ積極的な人
  • 素直な人
  • 顧客視点で物事を捉えることができる人

企画職

  • アンテナを広く張っていて業界や市場について䛾情報に詳しい人
  • 何かを作ることが好きな人
  • 自分で考えてアイディアを生む䛾が得意な人

マーケティング職

  • 数字に苦手意識がない人
  • 調査や分析が好きな人
  • 世の中の流れ・情報に敏感な人

サービス・販売職

  • コミュニケーション能力がある人
  • 接客の経験がある人
  • 人を喜ばせることが好きな人

金融業

  • 任感のある人
  • 慎重かつスピーディーに仕事ができる人
  • 人当たりがいい人

事務・管理職

  • 誠実でミスなく仕事を進められる人
  • ルーティーンワークが苦ではない人

企画職

  • アンテナを広く張っていて業界や市場について䛾情報に詳しい人
  • 何かを作ることが好きな人
  • 自分で考えてアイディアを生むのが得意な人

コンサルタント職

  • 問題解決能力のある人
  • 分析が得意な人
  • 論理的思考ができる人

福祉・介護職

  • 気配りができる優しい人
  • 人の話を聞くことが得意な人
  • 観察力がある人

エンジニア職

  • 仕事を円滑に行うため䛾協調性がある人
  • 論理的思考力がある人
  • 知識や指摘を素直に吸収できる人

      これら䛿あくまで一般的な適性にすぎませんが、こうした能力を得た学生時代の経験を、この後作成する穴埋めシートの「エピソード」の部分に含めるといいでしょう

      面接官に「自社のこのポジションに向いているな」と思ってもらえるかもしれません

      熱意のある志望動機で面接官を納得させよう!

      志望動機は簡単そうに見えて案外奥が深いもの

      いくつもの企業に志望する学生はついつい楽をして志望動機を使いまわしてしまいがちですが、企業にはお見通しです

      志望する企業ごとに穴埋めの内容を変えて、その企業でなければならないという熱意を伝えられるようにしましょう
      無事書類選考を突破したら、面接に備えて一度自分の回答を録音してみましょう

      そうすることによって、「声が小さくて聞こえづらい」「文脈に違和感がある」など今まで気づかなかった特徴が見えてくることがあります

      練習を繰り返して、志望動機をどんどん自分のものにしていってください

      最後に

      このような採用基準を分析しているところは下記の有名転職サイトです

      今の新しい転職サイトは登録をするだけで貴方にあった職種の特別なオファーが来るので年収アップする可能性も高くなります

      絶対にネイリストになりたい!という思いが少しでもあるならば、転職サイトにまず登録してみてはいかがでしょうか?

      自分の思っている以上にあなたは価値があるので、特別オファーもたくさん来ますよ

      今の年齢でもフリーターをやってる友人から、海外に出張するような勝ち組エリートまで…

      絶対に登録すべき転職サイト

      ▶️誰もが知っているリクルートエージェント

      ▶️誰もが知っているDYM就職で最短1週間

      いつもと同じ行動をしているだけでは、いつもと同じ状況からは抜け出せません

      残念ながら行動しなければ道は開けないのです

      ぜひ、今あなたの目の前に転がっているこのチャンスを逃さないでください。

      今日をがんばり始めた者にのみ、明日が来る

      「登録しても自分のキャリアはそんなに良くない」

      その気持ちよく分かります

      でも、実際はあなたの価値は計り知れないものなのです

      そして今、あなたは未来を変えようと行動し、調べています

      今、目の前にあるこのチャンスを絶対に逃さないでほしいです

      何も恐れることはないし、登録した後に「転職するのはやっぱり嫌だ」と感じたなら転職しなければいいだけですよ

      「とりあえず登録だけしてみようか…」

      これぐらいの軽い気持ちでも登録するのとしないとでは全く違う未来になるでしょう

      意外と簡単に転職まで進み「思っていた以上に簡単なんだ」と拍子抜けするかもしれません

      今の段階で、あなたは勝ち組になるチャンスが目の前にあるのですから気軽に行動してみてくださいね (でも無理はなさらずに)

      絶対に登録すべき転職サイト

      ▶️誰もが知っているリクルートエージェント

      ▶️誰もが知っているDYM就職で最短1週間

      キャリアパークから引用

      まとめ
      採用ページから採用したい人材を読み取ることが第一ステップ

      ⬇︎カテゴリー別⬇︎

      是非コチラも見てください