カイシャの評判

ヒルトンホテルとザ・リッツカールトンを勝手に比較

給料を優先したい人はザ・リッツ・カールトンホテル、プライベートを優先したい人はヒルトンホテル

平均勤務時間

  • ヒルトンが8~9時間
  • リッツ・カールトンが9~10時間

リッツ・カールトンの方が少し多くなっています

しかしリッツ・カールトンの方がその分平均年収が多くなっています

プライベートを重視するのであればヒルトンホテル

ここでのポイント

年収重視 → リッツカールトン
プライベート重視 → ヒルトンホテル

2つ比較してわかったことは、責任感が他業種より高い数値

ヒルトンホテルのTOP3 ザ・リッツ・カールトンホテルのTOP3
責任感 82%
達成感 77%
人間関係 73
責任感 83%
成長感 74%
達成感 74%

上記からわかるように数値は僅差

どちらも同じ外資系とあって海外スタッフが多く働いており、多様性があり個性が重視されています

また学歴よりも実力を主義

ヒルトンホテルとリッツカールトンホテルの特徴

ヒルトンホテルの強み

  1. キャリアの幅がある
  2. 多様性を尊重する風土がある
  3. 社員の定着性がある

あなたの能力にあった他のホテルについて調べたい場合はまず適性診断を

ザ・リッツ・カールトンの強み

  1. オフィス環境がいい
  2. 中途社員・海外スタッフが活躍している
  3. 教育・研修制度が整っている

ホテル業界に強い転職エージェントは【リクナビ20's】

ラグジュアリーとデザイン重視

ラグジュアリーな空間を提供している両者
しかし職場の雰囲気はヒルトンは落ち着いた環境、リッツ・カールトンは活気があるなっています
ヒルトンホテルは日本進出50周年となっており、60%が日本、40%が海外の利用
リッツ・カールトンは関西での外資系ホテルの先駆けとされており、日本式のおもてなしを得意としています

オカマ主婦
例えて言うのならヒルトンホテルは国柄を部屋にだすデザイナー
リッツ・カールトンはセレブリティなおもてなしをする営業マン

まとめ

  • ホテル業界とあって仕事はどちらもハード
  • どちらも福利厚生がしっかりしている
  • よりキャリアに幅があるのはヒルトン
  • 教育・研修制度が整っているのはリッツ・カールトン
  • 女性に働きやすいのはヒルトン

追伸 女性に働きやすい環境か?

出産・育児支援制度がある

ヒルトンホテル 80%
リッツ・カールトンホテル 33%

女性の管理職が比較的多い

ヒルトンホテル 60%
リッツ・カールトンホテル 33%
是非コチラも見てください