「どうせ」で始めると 憂うつなことも
「どうせなら」で始めれば 面白くなる

転職が不安な方にオススメ

友人の話を聞くと、定時に帰れてしかもボーナスも私よりも貰ってる

この先3年後の自分はまだここにいるかと思うとすごく不安になる

そんな辛い思いを感じた事はありませんか?

こんな人にオススメ

  • 転職を考えている
  • 今よりも給料アップ
  • 定時に帰りたい
  • 土日祝日休み
  • 今の会社がブラック企業

自分の理想のワークスタイルの明確にすると楽しい仕事の関係を手に入れることができます

これを知らないでいい仕事を探すこと難しいです

例えて言うのなら、転職サイトで自分に100%の仕事に就職出来る確率って宝くじに当たるような感じですよ

オカマ主婦
確かに妥協の塊だ

転職サイトに「こっちの方がなんか写真の写り方がいいな」や「時給が高いからここ」など、そんな感じで自分の仕事見つけたらダメですよ

転職を繰り返す特徴
時給で選ぶ→不満がでる→仕事が辛い→辞める

自分が得意でやりたいことをしっかり理解してどうやったらそこの生活生活できるレベルまでいくかを考えれば、選ぶ仕事もかわるのではないでしょうか?

それでは順にお伝えします

5つの解決策はコチラ⬇

誰かのためになれるか

想像してみてください

中学、高校、大学を卒業する時に渡される職業カタログ

自分の人生なのに数十ページの職種の中から人生を選ばないといけないのはおかしいとおもいませんか?

日本の現状として、残念ながらほとんどの人は職種から選びます

自分の才能をみつける

あなたの得意なものはなんですか?

自分の得意な分野を生かした仕事をみつけましょう

例えば、これだけは普通の人より詳しい。と言うだけでもいいんです

人と違うという所というのは特徴に変わります

その特徴を活かすことが出来れば誰もができないものができますよね

外国関連のイベントプランナー
人が好き×語学×楽しいことが好
映画評論家や映画関係のブロガー
映画が好き×日記をよくつける×発信したい

このように自分の好きをかけてみてはいかがでしょうか?

本当にやりたいことは実は違ったりしますよ

情熱を見つける

情熱は人を動かします

誰にも負けないくらいの熱い情熱は仕事を継続する燃料になります

この燃料を燃やし、誰かのことのためにやれるとしたら自信を持って胸を張れる仕事だと言えるでしょう

それが継続することに変わってきて、仕事って楽しい!って思うようになるでしょう

理想の人生を見つける

この職業をやって理想の自分ができるのか?それともこの職業は生きるためだけなのか?

仕事というものは、人生の起きている時間の半分以上を費やすものです

それであれば楽しいことをする方が絶対にいいですよね

理想のワークスタイルを見つける3つの法則

職業から探すのは、終わりにしましょう

理想のスタイル

  1. 楽しくできる仕事
  2. 給料に対して納得仕事
  3. 自分のスキル、技術を活用できる仕事

これら「3つの法則全て」を満たしていることが、「理想の仕事」の条件となります

人がいないから募集をしているという求人サイトやカタログから探すより、自分からアポイントメントをとり就職活動をしましょう

オカマ主婦
友達は経験2年目以上のとこに未経験だけどアポとって入社してたな
同行者であっても、入社したら内容は変わりますしベースは似てるかも知れませんが同じ仕事は有り得ません
ここだ!と思うところに電話してみると以外に探していたりしていますよ
最後にもう一度言いますが、仕事から検索ではなく、やりたいことを検索ですよ!
誰もが知っているリクルートキャリアで自分で探すのもよし、非公開オファーを待つのもよし

もし無料でITスキルを身につけてこ高収入を目指したいのであればTechAcademyキャリアもよし

▶︎IT・Web系の方で非公開の高給与求人が豊富なのはレバレジーズテック

変えたいこと
人生=仕事 → 人生=楽しいこと
今日の名言
どこまで行けるかを知る方法はただ一つ、出発して歩き始めることだ。
アンリ・ベルクソン
是非コチラも見てください