180714更新

世界一の大企業はこうして作られた

ジェフ・ベゾスの思考を覗いてみよう

アマゾンがいかに作られたのか知りたい人オススメ

いまや世界最大の書店となったアマゾン・コム

この書店はどのようにして誕生し成長してきたのか

ジェフ・ベゾスの思考をのぞいてみましょう

こんな人にオススメこんな

  • アマゾンをよく利用している人
  • アマゾンを利用しているけどCEOについてはあまり知らなかった
  • スティーブ・ジョブスやビルゲイツなどが好きな方
  • 挑戦している人が好きな人
  • 起業したい人

それではAmazonCEO ジェフ・ベゾスの書き写した本文はについて紹介したいとおもいます

詳細はコチラ⬇︎

人生の流儀

私たち、人間の素晴らしいところは常に問題を解決し続ける点です

起業家や発明家などは好奇心と情熱でもって現状に満足することなく常に問題解決に取り組みます

アマゾンで常に伝えている批判に対する心得があります

批判された時まず鏡を見つめ、その批判は正しいか判断すること

それが正しいなら解決するんです

「批判されることはない」

そう思うことは繊細すぎるんです

挑戦と批判は、表裏一体です

画期的なことに取り組むとき、批判や誤解を受け入れる覚悟がないならそもそも始めないほうがいい

人生の終わりに人が良く後悔するのは

失敗したこと自体ではなく挑戦しなかったことに後悔するんです

人生の意義を満たせないことが後悔に繋がるんです

それは仕事だけではありません

例えば、好きな人に想いを伝えられなかったこと

勇気を出せなかったこと

行動に移せなかったこと

そういったものが人生を振り返った時に深く

心に刺さります

しかし運のいいことに、わたしの周りには愛を持って背中を押してくれる人たちがいました

「仕事と生活の調和」についてよく語ります

幸せな私生活を送っていたら幸福感を持って仕事に励めます

そして仕事が最高になれば家に帰ってもまた最高なんです

バランスを取るものではなく循環するものなんです

それは誰でも助け合えばできるはずです

あなたの会社にもみんなのテンションを下げるやついませんか?

雰囲気悪くしちゃう人

そんな人にはなりたくないでしょ

みなさんは元気を与える人になってください

『挑戦と批判』『仕事と生活の調和』とは?

ジェフ・ベゾスさんが言っている『挑戦と批判』『仕事と生活の調和』とは何か

ここでのポイントは2つあります

ポイント1:  批判された時まず鏡を見つめ、その批判は正しいか判断すること

批判から生まれる問題というものを解決することによって顧客満足度が上がります

よく言われているクレームは宝と意識しましょう

どのようなことかというとクレームとはお客様の実際な不便なモノことのフィードバッグ

これをすれば満足するというヒントが隠されいるので捉え方を考えてましょう

しかし、全員から好かれるということを目指すのではなく、そのクレームが会社や思考の軸がぶれていない物を見極めることが大事です

ポイント2:  後悔する人生にならないために

人生の終わりに人が良く後悔するのは失敗したこと自体ではなく挑戦しなかったことに後悔する人が多いです

仕事以外にもたくさんの場面で【挑戦】ということに対して後悔が伴うことが多いでしょう

しかし、全てに対して成功しようとするのではなく、失敗も循環の一部と考えて行動するのがいでしょう

名言

顧客のニーズから逆算せよ

ジェフベゾス

追伸 ジェフ・ベゾスについて

1964年1月12日生まれ

アメリカ合衆国実業家、作家教育者アマゾンCEO

伝説

Amazon.com の共同創設者でありCEO取締役会長社長。世界最大の資産家であり、フォーブスの長者番付によると2018年時点で1120億ドルの資産を有する。2013年に米有力新聞ワシントン・ポストを買収しオーナーとなった。

1998年、創業間もないGoogleエンジェル投資家として25万ドルを投資した[7]

2017年5月、3日間で10億ドルのアマゾン株を売却したとOnebox Newsが報じた[11]

2018年3月、フォーブス世界長者番付の歴史において初めて個人資産1000億ドルを達成する1120億ドルを記録し、ビル・ゲイツを抜き初めて世界長者番付1位となった

⬇︎カテゴリー別⬇︎

是非コチラも見てください